本文へジャンプ
診療科目 循環器科

 私たちの体(臓器)は、心臓から血管を介して、血液を供給してもらって生きています。
 循環器疾患とは心臓と全身の血管に生じる病気で、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、弁膜症、心筋症、高血圧、不整脈、心不全、脳血管疾患、大動脈瘤(こぶ)、炎症や閉塞症などがあります。
 ちなみに、わが国の死因の第1位は悪性新生物、第2位は心疾患、第3位は脳血管疾患です
 循環器疾患は、食習慣、運動習慣、嗜好などの生活習慣と深く関わっています。
 したがって、病気の発症や進行を予防するためには、高血圧糖尿病脂質異常症などの生活習慣病を上手にコントロールする必要があります。